1. トップ
  2. 企業情報
  3. 社員が語る アッシュウェイブのスピリッツ
  4. 終わりなき改革を牽引し続ける存在へ

社員が語る アッシュウェイブのスピリッツ

アッシュウェイブに入社した理由は?

きっかけは知り合いの紹介です。
アッシュウェイブが業務プロセス改革だとかコンサルティングだとか、やっているサービスはぼんやりとイメージはできるものの、正直ぴんときませんでした。
何度か話を聞くうちに、どのプロジェクトでも何事も全力で考え、何度も議論し、社内では部品表を極めるぞと、勉強に励んだりと、すごく活気ある、想いの強い会社なのだと感じ、私もこの会社で製造業を支えたいという想いが強くなり、入社を決意しました。

入社前の仕事は?

PLMシステム導入支援と、データセンターでお客様のソフトウエア・ハードウエアの運用・保守を行っていました。ユーザー向け操作マニュアルの作成やデモ動画の作成にも関わり、「ユーザー視点で物事を考える」目線が身につきました。また運用・保守がユーザーに安心して利用いただくために重要であることも学びましたね。

今の業務について教えて下さい。

現在、ご支援させて頂いているお客様では、見積・仕様確定プロセスの改革の一環として「セールスコンフィグレータ(見積・仕様確定支援システム)」を導入されました。
私たちは、この仕組みを活用するための製品マスタの運営を任されており、マスタの整備方法の検討やマスタ整備を行っています。
その中で私は、まず、整備するための背景や目的を把握することから入り、仕様書やカタログを片手に、解決案を何日もかけて考えます。その案を、アッシュウェイブのチーム内で一度議論、ブラッシュアップしたあと、各部門に案を説明・説得します。合意を得られたら、マスタ整備する、という一連の業務を担当しています。
ところが、解決案は、そう簡単には合意を得ることはできません。
製品マスタは、シリーズごとに仕様情報を保有しており、また、営業(見積)、設計、製造、原価、出荷・工事等、複数の要素で作りこまれているため、当然のことながら、部門ごとに意見が対立します。
このとき、アッシュウェイブが会議を開催、議事進行、ファシリティーションを行い、すべての立場を理解し、最適な答えを導き出せるよう顧客をリードして解決案を取り決めていきます。合意を得るまでには苦労しますが、取り決めまでもっていけるのは、事前にチーム内で自分自身が納得いくまで議論を重ねることで、その案に自信を持って挑んでいることや説得材料を集めるなどして誘導できるような工夫も都度考えているからですかね。
苦労話をしてしまいましたが・・・、その製品は、私たちの生活にすごく身近な製品でして、顧客とのたわいもない会話から、そんな仕様・機能があるのか!とか、ものづくりで苦労されたエピソードをお聞きすることができるので、へぇーと思うことが多く、非常に楽しい現場です。

入社後は、先輩と一緒にプロジェクトに関わっていくのですね。

私は、プロジェクト参画後、早速、顧客との窓口を任されました。製品についてまったく知識もなかったのですが、勝手に人当りがよかったからと思い込んでいました(笑)
後から聞くと、それが製品知識を得られる一番の方法というのはもちろんあったのですが、アッシュウェイブのプロジェクトは、直接顧客と話をできる(顧客の考えや想い、なかには愚痴も聞くことができ、また、アッシュウェイブの考えを伝えられる)ことが、魅力のひとつであり、それを感じてほしいとのことでした。
ですので、お客様がやりたいことを正しく理解できるよう、真摯に、また知識がない部分は恥を承知で分かるまでお話を聞くように心がけています。まだ十分に理解しきれないところもあるので、受け付けた内容は、すぐにチーム内に持ち帰り、リーダー指導の元、解決案を検討するようにしています。この検討が白熱し、長くなることもありますが、個人ではなく、アッシュウェイブというチームで活動していることで、自分自身、安心して仕事ができています。ですが何をするにも知識が足りないと感じることが多く、製造業・PLM・BOMなどを基礎から勉強している最中です。早く、自分なりの意見を持ち、自分の言葉でお客様と会話して、さすが!と言っていただけるような解決策を考えられるようになりたいと思っています。

責任ある仕事を任されつつ、周囲もしっかりフォローされている様子が伝わってきます。今後アッシュウェイブの一員として、どのような役割を担っていきたいですか?

まずは、現在担当しているプロジェクトで、チームリーダーを目指したい。
チームリーダーとして、チーム全体の管理を行い、マスタ整備をリードしていきたいです。
将来的には、業務プロセス改革の上流(構想設計)から関わり、一つの改革プロジェクトを成し遂げたいですね。そうして関わったお客様が元気になっていただけたら、そんな嬉しいことはありません。

一覧へ戻る