製品情報DynaPLM

PLM(Product Lifecycle Management)とは?

製品の企画・開発から設計・生産・出荷後の情報を一元管理し、業務の効率化や開発期間の短縮、出荷後のトレーサビリティー向上をはかる技術情報管理システムです。
図面/ドキュメント/部品/製品構成情報の整理/関連付けを行い、審査/承認等のワークフロー機能で一連の開発工程業務を連携させます。
また多くの場合は、PLMで管理される部品情報や製品構成情報は、生産管理システムや購買/資材システムと連携されます。

DynaPLMの特徴

  • DynaPLM は、ミッドレンジクラスのPLMです。 事業所規模での導入を理想とし、最小限の投資で最大限の効果を発揮します。
  • 他のPLM製品と比較すると、技術情報を管理する標準機能テンプレートに加え、ユーザ独自モデルを柔軟に構築できるモデリングツールを標準装備しています。
  • 上記テンプレートとモデリングツールを活用したプロトタイプ開発により、仕様確定~開発期間の短縮が可能となり、早期立上げ/運用を実現できます。
  • マルチCADプラットフォーム(CDMS)で、CADに依存することなくあらゆるCADデータを一元管理する事が可能です。

主要機能

  • オブジェクト管理機能( 図面管理/文書管理 )

    業務で生成される、部品、図面、文書等の成果物を管理します。

  • 製品構成管理(BOM)

    製品の構成情報を管理します。

  • ワークフロー機能

    新規製品構成/図面/部品等の承認、設計変更の処理フローを管理します。

  • 設計変更管理(ECR/ECO)

    初回リリース以後に発生する、設計変更の処理/管理を行ないます。

  • プロジェクト管理

    開発/設計工程(タスク)をWBS展開し、成果物と関連付けてタスクの予実管理を行います。

  • CADインテグレーション機能

    CADに含まれる属性情報を取得し、自動的にPLMの製品構成を生成します。

  • GUIユーザカスタマイズ機能

    業務運用に合わせて、ユーザーが容易に機能開発できるアプリケーションインターフェース
    (ObjectModeler、WorkFlowModeler)を搭載しています。

関連サービス

  • 構想設計サービス

    システム構築の前に、業務ヒヤリングと通して課題抽出を行い「 業務プロセス改善 」 と 「 ITシステムデザイン 」の両面で分析/評価を行います。
    さらに並行して業務のあるべき姿を策定し、現状業務とのギャップ分析を行い、実現可能な課題解決案を策定します。

  • ITデザインサービス

    FSコンサルティングもしくは、お客様からのRFP(要件定義書)を基に、「ITシステムデザイン」をイメージし、システム要件定義を行います。
    策定したシステム要件定義書を基に、システム設計/構築/導入から運用立上げまでをサポートします。

導入価格

最小構成572万円~

DynaPLM Platform(アドオンカスタマイズ開発用ツール:DynaMOAD含む)+Base Product :3同時接続ユーザ

※参考ソリューション費用(コンサルティング+ソフトウェア+構築/カスタマイズ/導入まで):最小構成で約 2000万円程度

DynaPLM 推奨環境

稼動環境

環 境 項 目 内 容 備 考
サーバ H/W 全てのサーバ(Unix, NT Machine)を対象
メモリ サーバ構成により、変動する。
OS:512MB,APP:1GB,ORACLE:2GBを目安にキャッシュサイズを考慮して構築することを推奨
推奨:
2CPU/2WAY
4GB RAM以上
ディスク サーバ構成、かつ、管理コンテンツ容量により変動する。
OS(推奨) Windows Server 2003 R2 ( x86 )、Windows Server 2008 ( x86, x64 ) 、Windows Server 2008 R2 ( x86, x64 ) 、それ以降のWindowsServer
Solaris/AIX/HP-UX/Linux (Java 1.4.2以上が稼働するバージョン)
Webアプリケーション Tomcat 5.5 / 6.0、WebSpere6.1、JBoss AS 4.2.3
データベース Oracle 9i、Oracle 10g Release1, 2、Oracle 11g Release1, 2
Core System Dyna Framework
開発言語 JDK1.6以上、JSP / Servlet. Java Bean ( Web Version )
クライアント H/W Pentium4 以上の性能のWindows, Unix Machine
メモリ 稼動OS、同時稼動ソフトにより変動する。
参考:WindowsXP上でDynaPLMを単独利用の場合:512MB以上を推奨
ディスク 512MB以上の空領域
OS(推奨) Windows XP、Windows 7 ( 32bit, 64bit )、
それ以降のWindowsクライアント
ブラウザ環境 Internet Explore 8 以上
Viewing Tool Report Viewer V3.0 ( システム文書 )
Adobe Acrobat Reader ( 一般文書 )
Adobe Acrobat Reader ( 2D/3D 図面 )
その他ソフト Office 2003 / 2007 / 2010
JRE 1.6以上
SmartForecast

会社名・商品名は各社の商標または登録商標です。
記載内容及び商品の仕様等は改良のため予告無く変更することがありますので、あらかじめご了承ください。

一覧へ戻る

お問い合わせはこちら

  • 電話でのお問い合わせ

    • 東京本社 03-6808-3010(代表)
    • 京都支店 075-344-6591
  • フォームからのお問い合わせ

    お問い合わせ