製品情報SmartForecasts

SmartForecastsとは?

SmartForecastsは、サプライチェーン改革に必須となる需要予測および在庫最適化を支援するソフトウェアです。SmartForecastsは、トレンド型実績による常用予測に加え、これまで予測することが難しかった間歇型の実績予測(将来の特定期間の需要量)を導きだす機能を有し、既に4000社において活用されています。  多くの企業が、需要予測だけでなく、リスクの発生予測や販売計画支援など、高精度な未来の予測情報を活用し、サプライチェーン改革に取り組まれ、成果を上げています。

SmartForecastsの特徴

  • 間欠予測(米国特許取得)
    予測が困難とされていた、サービス品・保守品等の不規則な需要パターンを持つ製品について、米国にて特許を取得しているロジックを使って、高精度な予測が可能です
  • 高速な予測処理
  • 容易なオペレーション
  • 容易なシステム構築
  • 導入事例が豊富(全世界で4000社が導入)

SmartForecasts概要

多様化する顧客ニーズ。それに伴い、多品種少量生産/製品ライフサイクルの短縮化が進んでいます。このような市場環境の中、如何に “必要なモノ”を“必要な時”に“必要な場所(人)”へ“必要な数だけ”提供できるか、が過激な競争社会の中で生き残るための課題となっています。顧客ニーズに迅速に対応し、かつ企業収益の向上を実現する為には、今後益々、“適切な販売/生産計画”,“リスク予測”、“在庫最適化”の仕組みを早期に実現することが、最善策であることに間違いはありません。SmartForecastsを活用することで、顧客満足度向上と企業の収益性向上を両立させることが可能になります。

SmartForecastsの主要機能

  • 需要発生パターンに合わせた7種類の予測手法
    ① 自動予測,②多系列予測,③販促予測,④回帰予測,⑤バッチ自動予測,⑥ビッグファイル予測,⑦間欠需要予測・予測手法選定の自動化機能
  • 定常的に需要が存在するような予測対象に対して、自動で最適手法を選定、最適解を導き出します。
  • 予測分析機能
    ①トレンド季節分解機能,②相関分析機能,③散布図分析機能,④時系列グラフ機能,⑤統計値計算機能・バッチ処理機能
    バッチ処理により、予測対象が大量な場合の対応も可能です。
  • 自動処理機能(スクリプト機能)
    予め処理プロセスをスクリプトファイルにまとめてくことが可能です。このスクリプトファイルはバッチファイルから起動することも可能ですので、 自動予測の仕組みを容易に構築することができます。
  • 基幹システム連携機能
    DB:Oracle/DB2/SQLサーバ ODBC接続,ファイル接続:CSV/Excel 他

SmartForecastsの稼動環境(SmartForecasts推奨)

最小 推奨
ハードウェア概要 CPU 1GHz 1.6GHz
メモリ 1GB 2GB以上
ハードディスク 200MB以上
ディスプレイ 1024×768 1280×1024
その他 CD-ROM
対応OS Windows8 / 7 / Vista / XP / 2000
Windows Server 2008 / 2003
SmartForecast

会社名・商品名は各社の商標または登録商標です。
記載内容及び商品の仕様等は改良のため予告無く変更することがありますので、あらかじめご了承ください。

一覧へ戻る

お問い合わせはこちら

  • 電話でのお問い合わせ

    • 東京本社 03-6808-3010(代表)
    • 京都支店 075-344-6591
  • フォームからのお問い合わせ

    お問い合わせ